申込み受付中の説明会
07/24(火) 12:25 筑波大学 新技術説明会 ~ 15:55
07/26(木) 12:55 慶應義塾大学 新技術説明会 ~ 15:55
07/31(火) 09:55 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 11:55
07/31(火) 13:00 ロボティクス 新技術説明会 ~ 14:55
08/02(木) 13:30 岩手県立大学 新技術説明会 ~ 15:55
08/07(火) 12:55 京都工芸繊維大学 新技術説明会 ~ 16:00
08/09(木) 10:30 バイオ 新技術説明会 ~ 12:25
08/09(木) 13:30 信州大学 新技術説明会 ~ 15:25
08/16(木) 12:55 スマートテクノロジー 新技術説明会 ~ 15:30
08/21(火) 12:55 神戸大学 新技術説明会 ~ 15:55
08/23(木) 12:55 金沢大学 新技術説明会 ~ 16:00

開催スケジュール
8/28(火)pm
金沢工業大学 新技術説明会
9/4(火)
福井大学 新技術説明会 
9/6(木)
ライフイノベーション 新技術説明会 
9/11(火)
東洋・上智・中央 新技術説明会
9/13(木)pm
富山大学 新技術説明会
9/20(木)
産業技術総合研究所 新技術説明会 
9/27(木)am
福島大学 新技術説明会
9/27(木)pm
奈良女子大学 新技術説明会
10/4(木)
産総研・名大アライアンス事業 新技術説明会
10/11(木)
広島大学 新技術説明会 
10/16(火)
東京工業大学 新技術説明会 
10/23(火)
5大学合同 新技術説明会
10/25(木)
東京電機大学 新技術説明会
10/30(火)
四国国立 新技術説明会 
11/1(木)
九州大学 新技術説明会 
11/8(木)
さんさんコンソ 新技術説明会
11/13(火)
東京理科大学 新技術説明会
11/15(木)
熊本大学 新技術説明会 
11/20(火)am
山形大学 新技術説明会
11/20(火)pm
アグリビジネス 新技術説明会
11/22(木)am
東京都市大学 新技術説明会
11/22(木)pm
青山学院大学 新技術説明会 
11/27(火)
南日本ネットワーク 新技術説明会 
11/29(木)
北海道地域① 新技術説明会
12/4(火)am
工学院大学 新技術説明会
12/4(火)pm
神奈川大学 新技術説明会 
12/6(木)pm
秋田産学官 新技術説明会 
12/11(火)
医療系大学 新技術説明会
12/13(木)am
新潟大学 新技術説明会
12/13(木)pm
静岡大学 新技術説明会 
12/20(木)
九州工業大学 新技術説明会 

豊橋技術科学大学 新技術説明会
【日時】2017年06月15日(木) 13:25~15:55【会場】JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
【参加費】無料
【主催】科学技術振興機構、豊橋技術科学大学
【後援】特許庁

発表内容詳細

デバイス・装置
1) Si基板に格子整合した犠牲層を有するGa(As)PN系太陽電池層の形成方法

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学専攻 助教 山根 啓輔
http://www.int.ee.tut.ac.jp/oeg/

【新技術の概要】

Si基板上に高い変換効率が期待できるGa(As)PN系太陽電池層をAlPN犠牲層を介して無欠陥で成長させ、有機材料等からなる支持基板に転写可能とする。小面積な基板(Ge、GaAs等)でしか利用できなかったエピタキシャルリフトオフ技術を大口径化が容易なSi基板でも利用できる。

【従来技術・競合技術との比較】

従来のエピタキシャルリフトオフ技術では、Alを含む犠牲層(AlAs等)を用いていた。GaAs基板等、AlAs犠牲層と格子定数の近い基板を用いる場合には結晶欠陥の発生を回避できるが、Si基板では結晶欠陥が発生する。本技術は、GaP緩衝層と格子整合系AlPN犠牲層の組み合わせにより、無欠陥の層構造を実現できる。

【新技術の特徴】

・高い変換効率が期待できるGa(As)PN系太陽電池層を採用した。
・大型化、大口径化が容易なSi基板を成長基板として採用した。
・犠牲層を有し、太陽電池層形成後に成長基板と支持基板を分離することが可能。

【想定される用途】

・大口径300mm、変換効率37%(理論値)の単結晶化合物半導体太陽電池の実現。
・軽量、フレキシブルな太陽電池ユニットの実現。
・発光素子(LED)にも適用できる技術である。

アグリ・バイオ
2) ウロボロス型RNAを用いた複数遺伝子同時ノックダウン法

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 環境・生命工学専攻 講師 梅影 創
http://rna.ens.tut.ac.jp/umekage.html

【新技術の概要】

二本以上のヘテロな一本鎖RNAをアニーリングさせ、RNA干渉作用を誘導する二重鎖部分2か所以上形成するようなウロボロス型偽環状構造RNAを用いた複数遺伝子同時ノックダウン方法です。

【従来技術・競合技術との比較】

従来のRNA干渉に関する基本特許に抵触しない設計になっています。2本のRNAを設計してアニーリングするだけで、2遺伝子を同時にノックダウンすることのできる偽環状RNAが調製できます(RNAの設計により、2遺伝子以上も同時にノックダウンできます。)

【新技術の特徴】

・偽環状構造RNAをRNA干渉に応用する
・複数遺伝子の同時ノックダウンが可能である
・調製が簡単(環状形成の際にリガーゼ不要、等)

【想定される用途】

・RNA医薬
・研究用試薬

【関連情報】

・外国出願特許あり

デバイス・装置
3) マイクロ液滴輸送用の流路一体型多点マイクロノズルアレイ

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 講師 永井 萌土
http://mems.me.tut.ac.jp/

【新技術の概要】

本技術は、直径30μmの貫通孔を複数個アレイ状に配置した感光性樹脂製底面部とシリコーンゴム製上面部で構成した100μm角の断面形状の流路を簡単に精度良くつくる製造方法とその製造方法によるマイクロ流路を組合わせて流体輸送を可能とした構造体に関するものである。

【従来技術・競合技術との比較】

マイクロサイズの貫通孔は、シリコンのドライエッチングを用いて作製されるが、貫通孔の部分を薄く製造することは難しかった。本技術では基板上に感光性樹脂で「貫通孔の層」を形成後、ダメージなく基板から取り外すことで、アスペクト比が1.0以下の薄い貫通孔を形成できる。

【新技術の特徴】

・アスペクト比0.5(孔部の直径を40 μm,層の高さを20μm)とした貫通穴の形成
・貫通孔の層に加えて流路部の層に機能を持たせた多層の一体構造
・多点マイクロ局所空間での溶液サンプルの吐出と回収

【想定される用途】

・マイクロノズルアレイ、インクジェットヘッド
・ハイスループット細胞3Dプリンティング
・マイクロ空間での局所溶液供給,溶液回収

【関連情報】

・展示品あり

材料
4) 次世代モノづくり、3Dプリンティング技術を加速させるための原料開発

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 総合教育院 教授 武藤 浩行
http://ion.ee.tut.ac.jp/

【新技術の概要】

1)各粉末粒子が、バインダー(熱可塑性高分子)粒子の極少量が予め担持された複合粒子の態様にある、均質で高強度のグリーン体作製を可能とするセラミックス/高分子複合粒子の技術。
2)母粒子に付着させる子粒子の担持量を精度良く連続的に変更できる複合粒子の製造技術とこれを用いたシームレスな傾斜材の製造方法。

【従来技術・競合技術との比較】

1)グリーン体に含まれるバインダー樹脂量を低減しつつ、グリーン体強度を維持できる。また、添加されるバインダー樹脂を究極的に分散できるので均質なグリーン体を得ることができる。
2)母粒子/子粒子の比率を連続的に変更できるので、両粒子を異種粒子として、シームレスに組成や構造が傾斜した傾斜材を提供できる。

【新技術の特徴】

・3Dプリンター(付加製造技術)の多様性を原料から提案できる
・既存3Dプリンターの汎用性を拡大する
・複合材料による複雑造形物を製造するための原料を提供できる

【想定される用途】

・鋳込み成形用セラミック粉末
・3Dプリンタ用セラミック粉末
・各種傾斜材

【関連情報】

・展示品あり
・外国出願特許あり

デバイス・装置
5) 生きた細胞の機能発現過程の高機能イメージング技術

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 教授 柴田 隆行
http://mems.me.tut.ac.jp/

【新技術の概要】

本プローブの最大の特徴は、原子間力顕微鏡(AFM)で使用される通常の探針(中実の針状構造体)のかわりに、中空構造を有するSiO2製の先鋭化ナノニードルがSi製カンチレバー先端に一体形成されていることである。さらに、カンチレバー内部に形成したマイクロ流路と連通させることで、微小流体のハンドリングが可能な機能を有している。

【従来技術・競合技術との比較】

本技術は、①従来のAFMのもつ形状観察・物性評価機能に加えて、生細胞に穿刺したナノニードルを介して、②生体分子(DNA、タンパク質など)の高精度な注入や、③細胞内で発現した極微量の物質(RNA、タンパク質など)の採取が可能となる。さらに、④細胞内の生体分子ダイナミクスの可視化機能も有し、革新的な新機能を提供することができる。

【新技術の特徴】

・単一細胞の機能発現過程における様々な生体機能情報を複数同時に可視化
・生体分子の低侵襲細胞内デリバリーを実現
・細胞内の生体分子ダイナミクス解析が可能

【想定される用途】

・生命科学の基礎研究(細胞機能解明)における強力なツール
・再生医療における培養細胞の品質保証技術
・医薬品開発における細胞を使った薬効のハイスループットスクリーニング

【関連情報】

・展示品あり
<連携・ライセンスについてのお問い合せ先>

豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

TEL:0532-44-6975 FAX:0532-44-6980
Mail:tut-sangakuアットマークrac.tut.ac.jp
URL:http://rac.tut.ac.jp/