新技術説明会 > マッチング事例

開催スケジュール
令和2年度の開催については新型コロナウィルス感染状況に関する政府および東京都の対応を鑑みて、従来の方法に代わりWEB開催の方向で検討しているところです。 具体的な開催方法につきましては、決まり次第、順次お伝えしていきますのでご了承下さい。

マッチング事例

新技術説明会を発端に産学連携が進み、商品化に至った実例をご紹介します。(産学官連携ジャーナルの記事にジャンプします。)

空間磁界可視化システム「EPS-02 シリーズ」
金沢大学ティ・エル・オー+株式会社ノイズ研究所

特長その1
株式会社ノイズ研究所が2012年夏から販売している空間磁界可視化システムは、金沢大学の八木谷聡教授の発明を活用している。科学技術振興機構の「新技術説明会」で同教授が発表したことがきっかけで技術移転が実現した。

脳波測定による香り感性診断「ソフィ Kiyora フレグランス」
長岡技術科学大学+ユニ・チャーム株式会社

特長その1
ユニ・チャーム株式会社が2年前から販売しているパンティライナー「ソフィ Kiyora フレグランス」の開発には、長岡技術科学大学工学部の中川匡弘教授の研究グループの脳波測定による香り感性診断の手法が使われている。新技術説明会で中川教授が発表した内容に同社が興味を持ってコンタクト、それが共同研究に発展した。