新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
12/06(火) 10:00 創薬 新技術説明会 ~ 12:25
12/08(木) 10:00 医薬・診断 新技術説明会 ~ 13:25
12/13(火) 13:30 山梨大学 新技術説明会 ~ 15:55
12/15(木) 09:55 岡山大学 新技術説明会 ~ 16:00
12/20(火) 12:55 環境・資源 新技術説明会 ~ 15:30
12/22(木) 10:25 九州工業大学 新技術説明会 ~ 16:00
01/12(木) 13:25 エネルギー・環境技術分野 新技術説明会 ~ 15:55
01/17(火) 09:55 防災科学技術研究所 新技術説明会 ~ 11:55
01/24(火) 12:55 東京都市大学 新技術説明会 ~ 15:55

開催スケジュール
1/17(火)pm
日本大学 新技術説明会
1/19(木)
ナノテク・材料・ものづくり系 新技術説明会
1/24(火)am
工学院大学 新技術説明会
1/26(木)
ライフサイエンス系 新技術説明会
1/31(火)
大学知財群活用プラットフォーム(仮称) 新技術説明会
2/2(木)
知的財産戦略センター(仮称) 新技術説明会
2/7(火)
広島県立総合技術研究所 新技術説明会
2/9(木)
CREST/さきがけ/ERATO(仮称) 新技術説明会
2/14(火)
ふくしま発(仮称) 新技術説明会
2/21(火)
国立高等専門学校機構 新技術説明会
2/23(木)am
日本原子力研究開発機構 新技術説明会
2/23(木)pm
量子科学技術研究開発機構 新技術説明会
2/28(火)am
千葉大学 新技術説明会
2/28(火)pm
農研機構 新技術説明会
3/2(木)
関西10私大(仮称) 新技術説明会
3/7(火)
立命館大学 新技術説明会
3/9(木)
北東北3大学(仮称) 新技術説明会
3/14(火)
福岡工業大学 新技術説明会
3/16(木)
先端計測分析技術・機器開発プログラム 新技術説明会
3/23(木)
産学共創基礎基盤研究プログラム(仮称) 新技術説明会

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

ダイビングフィンの拡張にもとづく水中ジェスチャインタラクション装置

ダイビングフィン型水中ジェスチャインタラクション装置。フィンに組み込まれた複数のセンサが水中でのフィンの動きやしなりを常に計測し、ジェスチャ推定装置によりフットジェスチャを行っている否か、あるいはそれがどのようなジェスチャであるかの認識を行う。
[12/13 山梨大学 新技術説明会]

より詳しく

ワイヤ+アーク放電を用いたアディティブ・マニュファクチャリング技術の開発

ワイヤ+アーク放電によるアディティブ・マニュファクチャリング技術での造形に際して、造形形状予測シミュレータとシミュレーションに用いる積層条件データベースを利用することで、目標形状を高精度に造形するための適切な溶接条件の算出および積層パスの生成が可能なCAMを開発した。
[12/13 山梨大学 新技術説明会]

より詳しく

核酸系抗生物質の飛躍的増産を可能にする転写活性化技術

抗ウイルス活性、抗原虫活性にすぐれた核酸系抗生物質を生産菌の転写制御調節機構を改変することにより、飛躍的に増産させる新育種方法である。生合成遺伝子がクローニングされていなくても遺伝子工学的に生産性改善が可能で、普遍的な生物生産の現場に応用可能。
[12/15 岡山大学 新技術説明会]

より詳しく

分解シグナルをつけてバックグラウンドを下げた細胞小器官観察用の蛍光タンパク質

細胞内小器官を観察する際に蛍光タンパク質が一般的に用いられる。この蛍光タンパク質の発現量を上げると明るさが向上する一方、細胞質への漏れがバックグラウンドを上げてしまう。今回、蛍光タンパク質に細胞質での分解シグナルを付加し、大量発現してもバックグラウンドの低い、細胞内小器官観察用の明るい蛍光タンパク質を開発した。
[12/15 岡山大学 新技術説明会]

より詳しく

病理検体ナビゲーションシステム

超音波内視鏡下穿刺吸引生検は採取方法の特性から血液の混入を避けることができない。診断に有効な成分の判別は検体処理を行う者の経験値に大きく左右される。紹介する技術は誰もが同じ精度で採取検体の適・不適を判別できるものである。
[12/15 岡山大学 新技術説明会]

より詳しく

iPS細胞を利用したがん幹細胞研究用動物モデル

正常なiPS細胞から様々な性質を持つがん幹細胞を作成することを可能にした。さらに、作成したがん幹細胞を皮下あるいは各種の臓器に移植した動物モデルやがんの転移モデルを幅広い研究で応用することが期待できる。
[12/15 岡山大学 新技術説明会]

より詳しく

EDTAと硫酸銅水溶液を同時に製造する方法及び製造装置

Cuとの金属置換反応を利用するレアメタル分離工程で生じるEDTA-Cu錯体水溶液から、EDTAと硫酸銅を同時に得る新しい手法を開発した。この方法によると、1台の装置でEDTAと硫酸銅を同時に再生することが可能になると共に、Cuとの金属置換反応を利用する分離システムのクローズド化が図れる。
[12/20 環境・資源 新技術説明会]

より詳しく

昇降式コイルを適用した連続鋳造における新たな気泡除去技術

本発明は、溶鋼から鋳片を生産する連続鋳造工程において、生産スループット向上の要求に対しても、浸漬ノズルから鋳型内部の溶鋼に混入される気泡を安定的に取り除くことを可能とするものであり、それと同時に鋳型内の溶鋼流れを電磁ブレーキにより適切に制御することを可能にする装置および手法である。
[12/22 九州工業大学 新技術説明会]

より詳しく

電気自動車利用の負荷平準化と地理情報利用の太陽光発電量評価

夜間充電した電気自動車のエネルギーを事業所において太陽光発電も適宜利用しつつ昼間放電することによりピーク負荷低減を行うシステムと制御方法、および、地図情報利用による電気自動車が運べるエネルギーや太陽光発電量の評価を行なうシステム。
[12/22 九州工業大学 新技術説明会]

より詳しく

数字で読み解く新技術説明会