新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
07/26(火) 09:55 医療・福祉・創薬 新技術説明会 ~ 16:00
07/28(木) 12:30 つくば産学連携強化プロジェクト 新技術説明会 ~ 15:55
08/02(火) 09:55 信州産学官連携機構 新技術説明会 ~ 15:00
08/04(木) 10:25 ライフイノベーション 新技術説明会 ~ 16:00
08/09(火) 12:55 京都工芸繊維大学 新技術説明会 ~ 16:00
08/18(木) 12:55 金沢大学 新技術説明会 ~ 16:00
08/23(火) 13:00 くまもと発 新技術説明会 ~ 15:55
08/30(火) 10:25 福井大学 新技術説明会 ~ 15:30
09/01(木) 12:30 スマートQOL(Quality Of Life) 新技術説明会 ~ 15:55

開催スケジュール
9/6(火)
物質・材料研究機構 新技術説明会
9/8(木)
金沢工業大学 新技術説明会
9/13(火)
広島大学 新技術説明会
9/15(木)
中央大学・東洋大学・上智大学(仮称) 新技術説明会
9/27(火)
首都圏北部4大学(仮称) 新技術説明会
9/29(木)
四国地区四大学(仮称) 新技術説明会
10/6(木)
先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会
10/13(木)
九州大学 新技術説明会
10/18(火)
健康・医療 新技術説明会
10/20(木)
東京電機大学 新技術説明会
10/25(火)
東京工業大学 新技術説明会
10/27(木)
富山大学 新技術説明会
11/1(火)
中国地域さんさんコンソ(仮称) 新技術説明会
11/8(火)
東京理科大学 新技術説明会
11/10(木)am
芝浦工業大学 新技術説明会
11/10(木)pm
静岡大学 新技術説明会
11/15(火)
JAXA 新技術説明会
11/17(木)
国立情報学研究所 新技術説明会
11/22(火)
アグリビジネスフォーラム(仮称) 新技術説明会
11/29(火)
関西公立3大学(仮称) 新技術説明会
12/1(木)
キャンパス・イノベーションセンター東京(仮称) 新技術説明会
12/6(火)
医学部合同 新技術説明会
12/8(木)
医学部合同 新技術説明会
12/13(火)
山梨大学 新技術説明会
12/15(木)
岡山大学 新技術説明会
12/20(火)
秋田産学官共同研究拠点センター(仮称) 新技術説明会
12/22(木)
九州工業大学 新技術説明会
1/12(木)
高専・技科大(仮称) 新技術説明会
1/17(火)am
防災科学技術研究所 新技術説明会
1/17(火)pm
日本大学 新技術説明会
1/19(木)
北海道地域(仮称) 新技術説明会
1/24(火)am
工学院大学 新技術説明会
1/24(火)pm
東京都市大学 新技術説明会
1/26(木)
北海道地域(仮称) 新技術説明会
1/31(火)
大学知財群活用プラットフォーム(仮称) 新技術説明会
2/2(木)
知的財産戦略センター(仮称) 新技術説明会
2/7(火)
広島県立総合技術研究所 新技術説明会
2/9(木)
CREST/さきがけ/ERATO(仮称) 新技術説明会
2/14(火)
ふくしま発(仮称) 新技術説明会
2/16(木)
未定
2/21(火)
国立高等専門学校機構 新技術説明会
2/23(木)
日本原子力研究開発機構 新技術説明会
2/28(火)am
千葉大学 新技術説明会
2/28(火)pm
農研機構 新技術説明会
3/2(木)
関西10私大(仮称) 新技術説明会
3/7(火)
立命館大学 新技術説明会
3/9(木)
北東北3大学(仮称) 新技術説明会
3/14(火)
福岡工業大学 新技術説明会
3/16(木)
先端計測分析技術・機器開発プログラム 新技術説明会
3/23(木)
産学共創基礎基盤研究プログラム(仮称) 新技術説明会

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

2次元ヒストグラムによる肺結節明瞭化法

1枚の胸部X線画像から、2次元ヒストグラムを用いて、偽陽性となりやすい肺門部肺血管やその正接像などの陰影を抑制し、血管や骨に重なる肺結節を相対的に明瞭化する。具体的には、閾値処理のみでは捉えにくい血管陰影とその正接像を、低輝度を示す線状(連続する)陰影として検出する。
(7/26 医療・福祉・創薬 新技術説明会)
より詳しく

タンパク質ナノブロック等に利用可能な超安定化柱状二量体人工タンパク質

一般にタンパク質は熱等に弱く変性しやすいという問題があり、ナノ材料としての応用を考える場合には、ナノブロックを構成する柱状タンパク質の安定性向上が不可欠である。本発明は従来のドメインスワップ二量体人工タンパク質の構造安定性を大幅に向上させ、ナノ構造を構築するタンパク質ナノブロックとして好適に利用することが可能となる。
(8/2 信州産学官連携機構 新技術説明会)
より詳しく

“球乗り”型のパーソナルモビリティ『オムニライド』

パーソナルモビリティの駆動輪を単一の球体とすることにより、全方向への移動が可能となり、かつ路面の傾斜に関係なく車体の水平が維持できる。搭載されている原動機の動力が推進の動力として効果的に伝達されるように球体の駆動機構を構成した。
(8/2 信州産学官連携機構 新技術説明会)
より詳しく

1回の採血でヒトの薬物代謝酵素CYP3A活性を知る

本技術では、1点の少量採血(100~200μL)で、内因性ステロイドホルモンとその代謝物の血中濃度比(6β-ヒドロキシコルチゾール/コルチゾール)を指標に、薬物代謝酵素CYP3A活性を評価します。CYP3A活性には大きな個人差があるが、本法は安全かつ簡便にCYP3A活性を評価でき、一人ひとりに適した薬物の投与量の決定に有用な手段となります。
(8/4 ライフイノベーション 新技術説明会)
より詳しく

放射線被爆予防剤/治療剤への応用が可能なインドール化合物

メラトニンに代表されるインドール化合物が含まれる培地に、放射線照射後の細胞を移したところ、細胞修復が認められた。よって、本化合物の放射線傷害治療剤としての効果が示された。当該効果を有する新規のインドール化合物も発明した。従来の放射線被ばく治療剤の多くは予防剤にもなっており、予防剤としても期待できる。
(8/18 金沢大学 新技術説明会)

より詳しく

食品加工用などの衝撃波発生装置の小形軽量化と低価格化

食品加工などに用いられる衝撃波発生装置の小形軽量化と低価格化の方法を提案する。本方法を用いると、従来の放電スイッチを数千円以下で作製でき、30kV以上の高耐圧で、放電電流の制限はなく、且つ従来のスイッチによる損失が全くない。また、大容量コンデンサの充電は、突入電流を抑制して最短で充電できる方法である。
(8/23 くまもと発 新技術説明会)

より詳しく

従来の薬剤探索法では見出すことができなかった新規抗HCV剤グアンファシンの同定

HCVを効率良く増殖させることができるLi23細胞株を用いた新規アッセイ系を用いて、市販薬のグアンファシンが抗HCV活性を示すことを見出した。グアンファシンは降圧剤としての効果が低いために販売中止となったが、新たに小児のADHD剤として開発されている。本研究により、グアンファシンにさらなる抗HCV活性の効果を追加することができた。
(7/26 医療・福祉・創薬 新技術説明会)

より詳しく

シャペロニン複合体を用いた薬物送達システム用ナノカプセル

ATP加水分解活性低下型GroEL変異体と核移行シグナルペプチドが付加されたGroES活性を有するサブユニットから成るシャペロニン複合体を合成し、この複合体がこれまで困難だとされていた細胞内の細胞核に局所的に送達可能であることを見出した。
(8/4 ライフイノベーション 新技術説明会)

より詳しく

多彩な発光性を示す凝集誘起発光性マレイミド色素の高効率合成

通常の有機蛍光体とは異なり、溶液状態で発光を示さず固体・凝集状態で発光を示す凝集誘起発光色素が注目を集めている。本発明では、凝集誘起発光性マレイミド色素を開発し、その高効率合成法を確立することに成功している。さらに、得られた色素は外部刺激に応答した発光色変化やON/OFFが可能であるなど、多彩な発光特性を示す。
(8/9 京都工芸繊維大学 新技術説明会)

より詳しく

数字で読み解く新技術説明会