新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
09/26(火) 09:55 材料・ICT 新技術説明会 ~ 12:25
09/26(火) 13:00 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 16:00
09/28(木) 12:55 産総研ー名大アライアンス事業 新技術説明会 ~ 16:00
10/03(火) 10:55 健康・医療 新技術説明会 ~ 15:55
10/05(木) 13:00 静岡大学 新技術説明会 ~ 15:55
10/12(木) 12:55 宇宙航空研究開発機構 新技術説明会 ~ 15:55
10/17(火) 10:00 東京工業大学 新技術説明会 ~ 15:55
10/19(木) 10:30 九州大学 新技術説明会 ~ 15:30
10/24(火) 12:55 アグリメディカル 新技術説明会 ~ 16:00
10/31(火) 13:25 富山大学 新技術説明会 ~ 15:25

開催スケジュール
10/26(木)
東京電機大学 新技術説明会
10/31(火)pm
富山大学 新技術説明会
11/2(木)
中国地域さんさんコンソ 新技術説明会(仮称)
11/7(火)
東京理科大学 新技術説明会
11/9(木)
スマートテクノロジー 新技術説明会(仮称)
11/14(火) pm
秋田産学官共同研究拠点センター 新技術説明会(仮称)
11/16(木)
ライフサイエンス系 新技術説明会(仮称)
11/21日(火) am
東京都市大学 新技術説明会
11/21日(火) pm
アグリビジネス 新技術説明会 (仮称)
11/28日(火)
四国地区4国立大 新技術説明会(仮称)

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

フルオラス溶媒中で利用可能な含フッ素クラウンエーテルを簡単にかつ安全に合成する方法

本新技術では、水相ーフルオラス相での有機合成等に使用可能な含フッ素クラウンエーテルの合成を、半導体のエッチングとして用いられている入手容易な環状ペルフルオロアルケンと安価なグリコールを用いるだけで達成できる。
[9/26 材料・ICT 新技術説明会]

より詳しく

偏光カメラによる高精度可視化技術

本技術は、精密加工や製産工程においてマイクロメートルからナノメートルオーダの傷や欠陥検出、さらには内部の応力分を高精度に可視化するシステムを提供する。
[9/26 材料・ICT 新技術説明会]

より詳しく

時変の極めて高騒音な環境においても高品質な音声を確保する技術

現在の音声通信は、駅のプラットフォームや交差点などの高雑音環境下における雑音抑制技術が未だ確立されておりません。安全性や機密性の確保、およびスムーズな音声通信の実現に向け、高騒音環境下での音質改善が望まれています。我々は、そのような劣悪環境下でも高品質な音声を確保する雑音抑圧技術を開発しました。
[9/26 材料・ICT 新技術説明会]

より詳しく

組換えタンパク質の細胞内蓄積量を増加させる新手法

組換えタンパク質を宿主細胞内で効率よく生産する新技術である。タンパク質の発現量を増加させる機能を有するDNA配列を、既存のタンパク質発現ベクターに付加することで、約3倍量のタンパク質を宿主細胞内に蓄積させることが可能である。
[9/26 ライフサイエンス 新技術説明会]

より詳しく

自己凝集藻によるジェット燃料の製造法

天然藻にペンタデカンを高生産させ、自己凝集により細胞を回収する
[9/26 ライフサイエンス 新技術説明会]

より詳しく

蛍光量子収率が90%にも達する高輝度蛍光ビーズの開発

本技術は、凝集誘発発光(AIE)する蛍光物質を樹脂ビーズ内に包含させることで、従来使われてきた蛍光物質では成しえなかった高輝度な蛍光ビーズの製造に関するものである。これには、分子振動を制御されるほど高輝度なフォトルミネッセンス(PL)を発するAIE化合物の特性が利用されている。
[9/26 ライフサイエンス 新技術説明会]

より詳しく

鏡視下医療支援のための多自由度屈曲マニピュレータ

本発明は、腹腔鏡手術に用いるマニピュレータに関するものである。マニピュレータに複数の屈曲部と体内で伸縮する伸縮部を設け、体内での患部の観察・接近の自由度を向上させると共に、体外で内視鏡や鉗子等の術具同士の操作部が干渉するのを避けることを可能とした。
[9/26 ライフサイエンス 新技術説明会]

より詳しく

新しいナノファイバー強化型高分子フィラメントの創成

ナノファイバーを熱可塑性高分子繊維に高分散させる技術と、ポリマーアロイ技術を融合し、柔軟性と伸度の両立した新しいタイプの高分子繊維を開発した。幅広い産業への活用が期待できる。
[9/28 産業技術総合研究所ー名古屋大学アライアンス事業 新技術説明会]

より詳しく

フラストレート系電子相を用いた固体蓄熱材料の開発

固体を保持した相変化型蓄熱材料を開発している。固体中の電子の自由度を制御して、電子が形成する“相”の変化に伴う熱を利用する。また、磁場、電場や応力などの外場印加により熱変化を示すアクティブな特性にも注目している。
[9/28 産業技術総合研究所ー名古屋大学アライアンス事業 新技術説明会]

より詳しく

乳化能とマクロファージ活性化能を併せ持つ酵母細胞表層成分

タンパク質は分解されるとアミノ酸となり栄養源になる。乳化作用と免疫活性化作用の両方を持つタンパク質が見いだせれば、機能性乳化剤の開発に繋がり、さらには健康を強く意識した食品の機能化にも繋がる。本研究では、パン酵母から両機能を持つタンパク質を見いだし、乳化剤を使用する分野への応用展開を進めている。
[10/3 健康・医療 新技術説明会]

より詳しく

消化管で毒素を吸い取るナノ掃除機の開発

申請者らは、機能性モノマーを最適な混合比で合成したプラスチックナノ粒子(NPs)が、動物の血中において標的タンパク質と強固に結合し、標的タンパクの毒性を中和可能であることを明らかにしてきた。本発表では、尿毒症症状改善に向けて消化管でインドール及びその誘導体を特異的に吸着するプラスチックナノ粒子を紹介する。
[10/3 健康・医療 新技術説明会]

より詳しく

生体信号による情動スペクトルの推定

映画の様々なシーンにおける観客の生体信号変動パターンを人工知能を用いて解析した結果、情動のスペクトルを生体信号から推定できることが分かった。
[10/3 健康・医療 新技術説明会]

より詳しく

焼成処理により高強度化・高機能化する白金構造体の製造法

白金担持材料は一般に、H2PtCl6やPt(NH3)4Cl2などの白金化合物を固体表面に含浸担持後、焼成処理を施すことで調製される。本技術では、ポリオキソメタレート骨格構造中に白金種を組み込んだ新規化合物を合成し、得られた化合物を焼成処理することで、安定性・耐久性に優れ、高い触媒機能を有する白金構造体の製造を行った。
[10/5 静岡大学 新技術説明会]

より詳しく

AIを用いたトマトのストレス養液栽培技術

草姿画像や環境データ(温度、相対湿度、明るさ、など)を用いた機械学習によってトマトのストレス度合いを推定し、高糖度化するように自動潅水制御するストレス養液栽培技術を研究開発しました。
[10/5 静岡大学 新技術説明会]

より詳しく

大気圧プラズマによるフッ素樹脂材の常温表面処理技術

本研究では、フッ素樹脂表面に大気圧プラズマジェットを加速的に照射する前処理工程を設け、フッ素樹脂の炭素―炭素結合の切断を実現することにより、後処理工程において官能基を修飾することで樹脂表面を親水化し、接着性の向上を大気下、常温下で実現する。
[10/5 静岡大学 新技術説明会]

より詳しく

きのこは宝の山か?ーきのこ抽出物からの美白成分の発見ー

チロシナーゼは肌におけるメラニン合成に主要な役割を果たす酵素である。現在、肌の障害防止や美容のため効果的で安全なチロシナーゼ阻害剤が求めらている。安全性の高い化合物を得るために、マツオウジなどの食用きのこを培養し、強力なチロシナーゼ阻害物質を単離した。
[10/24 アグリメディカル 新技術説明会]

より詳しく

TRIM21/Ro52分子に対する自己抗体が認識するエピトープ

皮膚筋炎に間質性肺炎を合併した患者由来のモノクローナル抗TRIM21/Ro52抗体にて同定されたエピトープに反応する血液中の自己抗体の有無を調べることが、膠原病関連間質性肺炎の診断、発症の予測、重症度の診断、および重症化の予測ができる一つの方法となる。
[10/31 富山大学 新技術説明会]

より詳しく

異種材料接合の新展開  -円盤摩擦接合技術-

回転する円盤の両側に被接合材を配し、円盤に押しつける荷重を負荷して発生する摩擦熱で試料の一部を軟化させ、同時に試料表面の汚染層を除去しながら表面粗度を平滑化し、円盤の外縁部を試料が抜け出た瞬間に試料同士が接触して加圧され接合されるという機構である。原理的に無限長の接合が可能である。
[10/31 富山大学 新技術説明会]

より詳しく

数字で読み解く新技術説明会