新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
11/20(火) 10:00 山形大学 新技術説明会 ~ 11:55
11/20(火) 13:25 アグリビジネス 新技術説明会 ~ 15:55
11/22(木) 09:55 東京都市大学 新技術説明会 ~ 11:55
11/22(木) 13:30 青山学院大学 新技術説明会 ~ 15:55
11/27(火) 09:55 ライフイノベーション 新技術説明会 ~ 14:55
11/29(木) 10:00 スマートデバイス・計測 新技術説明会 ~ 14:55
12/04(火) 09:55 工学院大学 新技術説明会 ~ 11:55
12/04(火) 13:25 神奈川大学 新技術説明会 ~ 15:55
12/06(木) 10:00 山梨大学 新技術説明会 ~ 11:55
12/06(木) 13:25 環境・資源 新技術説明会 ~ 15:55
12/11(火) 10:00 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 15:55
12/13(木) 10:00 新潟大学 新技術説明会 ~ 11:55
12/13(木) 13:30 静岡大学 新技術説明会 ~ 15:55
12/20(木) 10:25 九州工業大学 新技術説明会 ~ 15:25

開催スケジュール
1/10(木)pm
高専 新技術説明会
1/17(木)pm
高専・技科大 新技術説明会
1/18(金)
JST戦略的創造研究推進事業① 新技術説明会
1/22(火)am
沖縄科学技術大学院大学 新技術説明会
1/22(火)pm
日本大学 新技術説明会
1/24(木)
関西公立3大学 新技術説明会 
1/29(木)
大学知財群活用プラットフォーム(PUiP) 新技術説明会 
1/31(木)
国立原子力開発機構 新技術説明会
2/1(金)
JST戦略的創造研究推進事業② 新技術説明会
2/5(火)
大阪大学 新技術説明会 
2/7(木)pm
東北大学 新技術説明会 
2/14(木)
スマートQOL(Quality Of Life) 新技術説明会 
2/19(火)am
千葉工業大学 新技術説明会 
2/19(火)pm
千葉大学 新技術説明会 
2/21(木)
北海道地域② 新技術説明会 
2/26(火)pm
農研機構 新技術説明会 
2/28(木)
関西10私大 新技術説明会 
3/5(火)am
法政大学 新技術説明会 
3/5(木)pm
JST知的活用支援事業 新技術説明会 
3/7(木)
北東北3大学 新技術説明会 
3/8(金)
JST戦略的創造研究推進事業③ 新技術説明会 
3/12(火)am
北里 新技術説明会 
3/14(金)pm
会津大学 新技術説明会 

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

レーザー集積固化現象を用いたセラミックスのマイクロ造形プロセス

酸化チタンやアパタイト、ITOなどのセラミックスの微粒子からレーザーを用いてマイクロ配線を描画できる。溶液中で実施するため粉体材料の飛散がなく、熱処理やエッチング工程が不要であり、光プロセスでありながら原材料に感光性が必要なく、限定されない。粒子は結晶性を維持するため、本来の機能を期待できる。
[11/20  山形大学 新技術説明会〕
より詳しく

粉粒体や微粒子をまとめて吸着・脱離するハンドリング装置

粉粒体や微粒子(数μm~数mm)を誘導帯電によって吸着電極に吸着させ、所定の場所に移動させたのち除電操作によって脱離する、新しいハンドリングシステム。吸着量が電極面積で決まるため、「粒」の単位でハンドリングする装置や、超微量の定量供給を行う装置、塵や埃を吸着させるクリーニングシステム等に広く応用できる。
[11/20  山形大学 新技術説明会〕
より詳しく

従来のナノインプリント法の問題点を解決する技術

新規に見出した圧力に応答して光重合性を変化させる有機材料を用いて、鋳型を押し付けてそのまま光重合させる従来のナノインプリントの方法とは全く異なる新しいナノインプリント法を実現する材料とパターン形成方法を提供する。本方法では、光重合を鋳型を離した状態で行うため、従来の方法による欠陥が生じない。
[11/29  スマートデバイス・計測 新技術説明会〕
より詳しく

スピーカ固定部の振動を抑制し音質の向上を図る技術

ダイナミックスピーカの固定部が振動部の振動の反動で振動し、放射音質の品質を低下させることがよく知られている。本技術は音声を放射する主振動部と固定部を共有する副振動部を設け、二つのボイスコイルに働くローレンツ力を同一にすることにより固定部に働く反作用を原理的に完全にキャンセルすることができる。
[11/29  スマートデバイス・計測 新技術説明会〕
より詳しく

可視光閉じ込め機能を有する光電極による高効率光反応

厚さ30ナノメーターの酸化チタンを金ナノ微粒子と金フィルムでサンドウィッチして金ナノ微粒子側から光を照射すると、全可視光の85%以上の光が酸化チタン層に閉じ込められ、金ナノ微粒子により吸収されること、そしてその構造基板を光電極として用いた場合、光エネルギーを貯蔵可能な化学エネルギーに効率的に変換できることを見出した。
[11/29 スマートデバイス・計測 新技術説明会〕
より詳しく

数字で読み解く新技術説明会