新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット
平成30年度お申込み開催募集中

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
12/12(火) 10:25 九州工業大学 新技術説明会 ~ 15:30
12/14(木) 09:55 ライフサイエンス 新技術説明会 ~医療系大学~ ~ 15:55
12/19(火) 09:55 新潟大学 新技術説明会 ~ 11:55
12/19(火) 13:30 山梨大学 新技術説明会 ~ 15:55
12/21(木) 10:25 JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会 ~グリーン・ナノテクノロジー~ ~ 15:55
01/11(木) 13:25 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 15:55
01/16(火) 09:55 ライフサイエンス分野 新技術説明会 ~ 11:55
01/16(火) 13:00 材料 新技術説明会 ~ 15:55
01/18(木) 13:25 日本原子力研究開発機構 新技術説明会 ~ 15:25

開催スケジュール
1/18(木)am
JSTシーズ 戦略② 新技術説明会(仮称)
1/18(木)pm
原子力研 新技術説明会
1/23(火)
大学知財群活用プラットフォーム(PUiP)新技術説明会
1/25(木)
大阪大学 新技術説明会
1/30(火)
先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会
2/1(木)
JSTシーズ 戦略③ 新技術説明会(仮称)
2/6(火)
高専 新技術説明会
2/8(木)am
青山学院大学 新技術説明会
2/8(木)pm
東北大学 新技術説明会
2/15(木)
関西10私大 新技術説明会(仮称)
2/20(火)am
千葉工業大学 新技術説明会
2/20(火)pm
千葉大学 新技術説明会
2/22(木)
JST産学共創基礎基盤研究プログラム 新技術説明会 (仮称)
2/27(火)am
沖縄科学技術大学院大学 新技術説明会
2/27(火)pm
農研機構 新技術説明会(仮称)
3/1(木)
JSTシーズ 戦略④ 新技術説明会 (仮称)
3/6(火)pm
会津大学 新技術説明会
3/8(木)
先端計測技術・機器開発プログラム 新技術説明会(仮称)
3/13(火)
北東北3大学 新技術説明会(仮称)
3/15(木)
福岡工業大学 新技術説明会

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

変異K RAS関連シグナル阻害剤およびそのスクリーニング法

変異KRASに対して直接の分子標的薬は未だない。変異KRASは生体内類似環境では細胞極性阻害を介した腫瘍細胞の増殖シグナルに関与しており、このシグナルを特異的に阻害する化合物のスクリーニング方法を開発し、従来抗がん剤と考えられなかった天然物由来ライブラリーより効率よくいくつかの低分子化合物を取得した。
[12/14(木) ライフサイエンス ~医療系大学~ 新技術説明会]

より詳しく

ヒト卵巣構成細胞を減数分裂誘導する方法の開発

女性の一生の中で卵子が作られる時期は胎児期の数カ月のみである。従って、ヒトの卵子形成時に対する生殖毒性試験を行うことは極めて難しく、さらに不妊の一因となるヒト卵子形成のメカニズムの解明は困難であった。新技術は、卵巣を構成する卵子とは異なる細胞を減数分裂期へ移行させる培養法であり、問題の突破口となる技術である。
[12/14(木) ライフサイエンス ~医療系大学~ 新技術説明会]

より詳しく

下水汚泥灰を都市鉱山の資源に

下水汚泥灰には、リン及び重金属が高い含有率で含まれていることが多い。有用性の高いリンを回収し、有害な重金属を除去することにより、廃棄物の有効利用につながる。本技術によれば、リンの高い回収率と重金属の効率的な分離が可能となり、従来技術の課題であった経済性の問題を解決できる。
[12/19(火)am 新潟大学 新技術説明会]

より詳しく

LC/MSによる生体試料の内因性アンジオテンシンペプチドの定量法の開発

LC/MSによる定量ではLCの高い分離能とMSの高い選択性・感度を組み合わせることで、複数種のターゲットペプチドを、特異的かつ高感度で一斉定量することができる。本法では実質臓器や体液試料の内因性アンジオテンシンペプチドの定量が可能であり、基礎研究だけでなく、臨床検査への応用も期待される。
[12/19(火)am 新潟大学 新技術説明会]

より詳しく

シリカコーティングによって安定化された高分散性金ナノ粒子の開発

本技術では分裂型光吸収を持つ異方性金ナノロッドの界面シリカコーティングにより、安定化された高分散性微粒子材料を開発した。これまで金ナノロッドは凝集等で実用化や取扱いに難点があったが、本技法の微粒子界面でのゾルゲル過程によるシリカのエピタキシャル成長反応で作製したナノ材料はそれらの問題点を解決できる。
[12/19(火)pm 山梨大学 新技術説明会]

より詳しく

網羅的な分子のひっぱり試験による新規分子解析技術

本技術は、1分子同士で形成される分子複合体(結合体)の結合力を数100以上並列して測定できる新規の分子力学測定法である。多数の分子複合体の結合力を網羅的に解析することで、分子結合力をスペクトルとして計測可能であり、分子の結合形態や構造の多様性を調べることができる史上初の技術である。
[12/19(火)pm 山梨大学 新技術説明会]

より詳しく

高周波において銅線に代わる低損失線材(高周波用超伝導線材)の開発

従来の超伝導線材は直流では無損失であるが、高周波では損失が大きすぎるためその応用は未開拓であった。本発明では高周波で低損失を実現できる高周波用超伝導線材を開発し、それを様々な装置に応用することで飛躍的な性能改善が期待される。
[12/19(火)pm 山梨大学 新技術説明会]

より詳しく

数字で読み解く新技術説明会