新技術説明会
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット

産から学へのプレゼンテーション
産学官の道しるべ
産学官連携ジャーナル
産学連携・技術移転事業
知的財産戦略センター
J-STORE

A-STEP
NexTEP
先端計測
S-イノベ
産学共創

申込み受付中の説明会
09/27(火) 09:55 環境・エネルギー分野 新技術説明会 ~ 12:00
09/27(火) 12:55 高機能デバイス・電子材料分野 新技術説明会 ~ 16:00
09/29(木) 12:55 四国国立4大学 新技術説明会 ~ 15:25
10/06(木) 10:55 先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会 ~ 15:55
10/13(木) 10:30 九州大学 新技術説明会 ~ 15:00
10/18(火) 10:55 健康・医療 新技術説明会 ~ 15:55
10/20(木) 10:55 東京電機大学 新技術説明会 ~ 15:25
10/25(火) 10:00 東京工業大学 新技術説明会 ~ 15:25
10/27(木) 13:25 富山大学 新技術説明会 ~ 15:25
11/01(火) 10:30 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 12:55
11/01(火) 14:00 材料・装置 新技術説明会 ~ 15:55
11/10(木) 09:50 芝浦工業大学 新技術説明会 ~ 11:55
11/10(木) 13:30 静岡大学 新技術説明会 ~ 15:55

開催スケジュール
11/8(火)
東京理科大学 新技術説明会
11/15(火)
JAXA 新技術説明会
11/17(木)
国立情報学研究所 新技術説明会
11/22(火)
アグリビジネスフォーラム(仮称) 新技術説明会
11/29(火)
関西公立3大学(仮称) 新技術説明会
12/1(木)
キャンパス・イノベーションセンター東京 新技術説明会
12/6(火)
医学部合同(仮称) 新技術説明会
12/8(木)
医学部合同(仮称) 新技術説明会
12/13(火)
山梨大学 新技術説明会
12/15(木)
岡山大学 新技術説明会
12/20(火)
秋田産学官共同研究拠点センター(仮称) 新技術説明会
12/22(木)
九州工業大学 新技術説明会
1/12(木)
高専・技科大(仮称) 新技術説明会
1/17(火)am
防災科学技術研究所 新技術説明会
1/17(火)pm
日本大学 新技術説明会
1/19(木)
北海道地域(仮称) 新技術説明会
1/24(火)am
工学院大学 新技術説明会
1/24(火)pm
東京都市大学 新技術説明会
1/26(木)
北海道地域(仮称) 新技術説明会
1/31(火)
大学知財群活用プラットフォーム(仮称) 新技術説明会
2/2(木)
知的財産戦略センター(仮称) 新技術説明会
2/7(火)
広島県立総合技術研究所 新技術説明会
2/9(木)
CREST/さきがけ/ERATO(仮称) 新技術説明会
2/14(火)
ふくしま発(仮称) 新技術説明会
2/16(木)
未定
2/21(火)
国立高等専門学校機構 新技術説明会
2/23(木)
日本原子力研究開発機構 新技術説明会
2/28(火)am
千葉大学 新技術説明会
2/28(火)pm
農研機構 新技術説明会
3/2(木)
関西10私大(仮称) 新技術説明会
3/7(火)
立命館大学 新技術説明会
3/9(木)
北東北3大学(仮称) 新技術説明会
3/14(火)
福岡工業大学 新技術説明会
3/16(木)
先端計測分析技術・機器開発プログラム 新技術説明会
3/23(木)
産学共創基礎基盤研究プログラム(仮称) 新技術説明会

ライセンス・共同研究可能な技術を発明者自ら発表!

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場を用意し、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
新技術説明会は産と学との出会いの場を作り、技術移転を促進します。

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

CNTs(カーボンナノチューブ)を担体とするアンモニアの流動接触分解触媒

アンモニアは、水素含有率が高く、炭素を含まない水素キャリアとして多くの研究が進められている。本新技術は、アンモニア分解反応において高い担体効果を持つものの、そのままでは流動化が困難なCNTsを流動媒体として利用できるようにする技術である。
(9/27 環境・エネルギー分野 新技術説明会)

より詳しく

新薬発見のキーテクノロジー!分子反応の可視化技術

新しく開発した画像測定技術は化学反応の電子の流れを電極で捉える電気化学測定法に基づくものである。センサ表面上で起こった酵素反応などによって物質が変化する時に出てくる電子の量を測ることで、元の反応量を知ることができる。新しい技術はこれを二次元平面の画素として観測し、反応量を画像化することが可能である。
(9/27 高機能デバイス・電子材料分野 新技術説明会)

より詳しく

機関内燃焼ガスの高速・高精度な温度・濃度解析方法

対象ガスを透過するレーザー光の吸収量を用いて、計測領域における計測対象ガスの物理的状態(濃度・温度等)を示す関数を、二次元または三次元多項式により設定し、コンピュータトモグラフィ(CT)を用いて対象ガスの物理的状態の二次元または三次元計測を可能とする。
(9/29 四国国立4大学 新技術説明会)

より詳しく

xeno-free栄養因子となりうる新規低分子

新規合成低分子(コアクロル)に血管新生促進、神経保護栄養効果を発見した。低分子で上記活性を持つ物質は知られておらず、国内外で特許を取得した。コアクロルは創薬シーズとしてだけではなく、xeno free で安定、安価な代替栄養因子、代替血清として再生医療普及の一助となりうる技術である。
(9/29 四国国立4大学 新技術説明会)

より詳しく

無機ナノファイバーを利用したイオン液体の増粘・ゲル化技術

表面に官能基を有する無機ナノファイバーをイオン液体に添加すると、イオン液体中でナノファイバーの3次元ネットワークが形成されることによって、少量のナノファイバーの添加でイオン液体の増粘・ゲル化が進行する。この方法により高いイオン伝導性と耐熱性に優れたイオン液体ゲルを作製することができる。
(10/6 先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会)

より詳しく

超小型太陽光励起レーザ応用システム

超小型太陽光励起レーザと単色レーザ光を高効率で電気に変換する光電変換素子を開発した。この組み合わせによる発電システムは、太陽光をレーザ光に変換する部分と電気に変換する部分を分離することができるため、柔軟な配置やシステム構成を実現できる。
(10/6 先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会)

より詳しく

配管経路の自動設計方法およびシステム

設計対象空間中でパイプを通す候補となりうる箇所全てに座標とパイプを通す方向を指示する経由点候補を予め配置し、それら同士が曲がり2個の製作可能なパイプで接続可能かどうかを判定しながら障害物や他の管と干渉しない最小コストの配管経路を探索することを特徴とする配管経路の自動設計方法とそのシステム。
(10/13 九州大学 新技術説明会)

より詳しく

予習・復習のためのダイジェスト資料生成技術

PPTなどで作成されたデジタル教材を画像処理ならびにテキスト処理により分析して、重要度の高いページを中心に選択することで、短時間で内容を把握できる予習用の要約資料を生成できる。また、学習支援システム(LMS)に記録されている学習者の理解度状況や予習状況等に応じて、復習用の要約資料も生成できる。
(10/13 九州大学 新技術説明会)

より詳しく

片腕の肘から先がない小学生も逆上がりの授業を一緒に受けられる義手

片腕の肘から先がない小学3年生が腕に装着するフック形状の義手、屋外の運動場で、体育の授業で周りの友達の手を借りずに鉄棒にぶら下がる、上るといった運動を安全に行えるための機能、強度を備えた構造。手先具の形状は身体と一緒になり鉄棒の周りを回転するため、回転中に手先具に加わる力の大きさ・方向が変わるのに適した形状。
(10/20 東京電機大学 新技術説明会)

より詳しく

数字で読み解く新技術説明会