新技術説明会 > ピックアップ!新技術
新技術説明会メールマガジンご登録
新技術説明会パンフレット
2019年度お申込み開催募集中

申込み受付中の説明会
12/11(火) 10:00 ライフサイエンス 新技術説明会 ~ 15:55
12/13(木) 10:00 新潟大学 新技術説明会 ~ 11:55
12/13(木) 13:30 静岡大学 新技術説明会 ~ 15:55
12/20(木) 10:25 九州工業大学 新技術説明会 ~ 15:25
01/10(木) 13:30 高専 新技術説明会 ~ 15:55
01/17(木) 13:00 材料・デバイス 新技術説明会 ~ 15:55
01/22(火) 09:55 沖縄科学技術大学院大学 新技術説明会 ~ 11:55

開催スケジュール
1/17(木)pm
高専・技科大 新技術説明会
1/18(金)
JST戦略的創造研究推進事業① 新技術説明会
1/22(火)am
沖縄科学技術大学院大学 新技術説明会
1/22(火)pm
日本大学 新技術説明会
1/24(木)
関西公立3大学 新技術説明会 
1/29(木)
大学知財群活用プラットフォーム(PUiP) 新技術説明会 
1/31(木)
国立原子力開発機構 新技術説明会
2/1(金)
JST戦略的創造研究推進事業② 新技術説明会
2/5(火)
大阪大学 新技術説明会 
2/7(木)pm
東北大学 新技術説明会 
2/14(木)
スマートQOL(Quality Of Life) 新技術説明会 
2/19(火)am
千葉工業大学 新技術説明会 
2/19(火)pm
千葉大学 新技術説明会 
2/21(木)
北海道地域② 新技術説明会 
2/26(火)pm
農研機構 新技術説明会 
2/28(木)
関西10私大 新技術説明会 
3/5(火)am
法政大学 新技術説明会 
3/5(火)pm
JST知的活用支援事業 新技術説明会 
3/7(木)
北東北3大学 新技術説明会 
3/8(金)
JST戦略的創造研究推進事業③ 新技術説明会 
3/12(火)am
北里 新技術説明会 
3/14(金)pm
会津大学 新技術説明会 

pickup新技術

新技術説明会の技術シーズの中からピックアップした新技術をご紹介します。

行動の連続性から導く自動車運転の定常・異常性

本技術では、時系列モデリング手法により自動車ドライバの行動モデルを構築し、リアルタイム処理可能な異常検出手法を提供します。これにより、運転中の危険要因検出等の認知・判断能力評価や、「急ぎ」「焦り」などの心理変化による行動変化の検出が期待できます。
[12/13am 新潟大学 新技術説明会〕
より詳しく

消化汚泥のリン含有量低減による汚泥燃焼炉の長寿命化 -汚泥燃焼炉のリンによるトラブル解決-

消化汚泥の高濃度リンによる汚泥燃焼炉のダメージ問題を解決するため、汚泥の消化処理過程でリンをドロマイトで吸着し、消化汚泥のリン含有量を燃焼炉仕様以下に除去することで燃焼炉の保護とリンの蒸発による運転トラブルを防止する。リン吸着ドロマイトは重金属吸着剤として活用できる。設置が簡単で低価、低運転コスト、汚泥灰の発生量の低減が可能になる。
[12/13am 新潟大学 新技術説明会〕
より詳しく

CBCTによる3次元自動歯軸・歯列の新規決定法

コーンビームCT(CBCT)による生体内画像から3次元(3D)再構成した上下顎骨の特徴点よりワールド座標系を構築し、上下顎歯の歯軸と歯列の3次元絶対位置を精度良く自動計算的に求める新たな手法を開発した。6名の被検者に対して、任意の3名の検者による座標原点誤差は、平均0.45 ± 0.20 mmであった。
[12/13am 新潟大学 新技術説明会〕
より詳しく

優れた可逆性を有するマグネシウム二次電池用負極系の開発

マグネシウム二次電池はリチウムイオン二次電池に代わる革新型蓄電デバイスとして期待が高いが、実現にはMg金属電極の反応性の改善が必須である。本発明では無機材料の添加によってMg析出溶解反応を飛躍的に促進することに成功した。
[12/13pm 静岡大学 新技術説明会〕
より詳しく

乳がんの新しい検出法

乳がん手術から取り出した組織の複素誘電率を測定し、デバイパラメータを求めたところ、乳がんとそのほかの組織では導電率の分布に明確な違いが認められた。逆散乱問題を解くトモグラフィによって導電率分布を再構成すれば、非侵襲の乳がん診断が可能になる。
[12/13pm 静岡大学 新技術説明会〕
より詳しく

らせん状ファイバ回折格子の開発とその応用

らせん状ファイバ回折格子(HLPG)はファイバの軸に沿って周期的なスクリュータイプ(らせん型)の屈折率変調を持つデバイスであり、偏光器、ねじりセンサー、マイクロマニピュレータ、OAMモード変換器など様々な応用を期待できる。本技術は、多チャンネルファイバ回折格子の製造装置及び製造方法に関するものである。
[12/13pm 静岡大学 新技術説明会〕
より詳しく